不妊に漢方は効果あるの?東洋医学からみた不妊の原因と妊活について

東洋医学では不妊の原因は大きく分けて二つ

不妊漢方

一つは「腎虚(じんきょ)」、もう一つは「瘀血(おけつ)です。
東洋医学における「腎」とは生命力や活力の源で泌尿器、発達、生殖、腎臓の機能がそれに当たります。
そしてそこに蓄えられる生命のエネルギーの元が「精」と呼ばれます。
ですから腎精が不足している状態(腎虚)とは、正にホルモンの分泌や卵子成熟に必要なエネルギーが不足している状態であると言えます。

また、瘀血とは何らかの原因により血行が滞っている状態です。女性の瘀血の主な原因は冷えであると言われています。
特に妊娠と関係が深い子宮や卵巣は瘀血の影響が出やすい場所で、瘀血になると子宮へ栄養が上手く回らず子宮内膜の質の低下を招きます。
それにより、不妊の原因となる子宮内膜症や子宮筋腫にかかるリスクが高くなってしまうのです。

不妊の漢方治療方法について

不妊にたいして、漢方医学ではどの様な治療方法があるのでしょうか?
現在日本で一般的な不妊治療とは西洋医学的なものです。
薬や技術を駆使して体の周期バランスを強制的に整え、妊娠できる状態に一時的に体を変化させる方法です。

一方漢方の治療は、一時的に体を変化させるのではなく自力で妊娠する力を甦らせる体質改善を促すものです。
漢方では、食生活を含む生活習慣の乱れなどによって体はバランスを徐々に崩し、それが原因で本来あるはずの妊娠する力が滞ってしまっている状態が不妊であると捉えられています。
そのため治療法は西洋的な局所的、一時的なものとは異なり、根本的な原因への治療が主となります。

例えばホルモン分泌の不足が不妊の原因の場合、西洋医学ではホルモン剤の投与して問題を解決をします。
それに対して漢方医学ではなぜホルモン分泌が低下しているのか?に注目し、
その原因である臓腑の機能を高める漢方薬を処方する事よりホルモンの分泌を正常に行えるような状態に体を導いていきます。

漢方で妊娠力を高める

妊娠力アップ

西洋医学的な方法で不妊治療を受けるにしても、漢方の力で自身の妊娠力を高めておく。
妊娠力をアップさせる事で治療が成功する可能性も高まるはずです。
例えるなら、漢方の力でしっかりとした土台を築き、その上に西洋医学という名のはしごを掛けて妊娠という果実をもぎ取るということでしょうか?
土台がしっかりしていなければ、折角のはしごも役に立たないと言う訳です。

こちらのコラムも人気です!